ビックリ

iPhone11proの3眼カメラのデザインで集合体恐怖症する人が続出!?

iphone11のデザインやスペックが発表されましたね!

その中でも特に3眼カメラが話題になっていますね。

今まで1眼だったカメラが3眼になり超広角、広角、望遠といった特徴を持ったカメラが3つ搭載されています。

カメラ機能が大幅に向上しますね!

そんな期待されるiphone11ですが、3眼カメラのデザインがある症状を発症させるとツイッターで話題を呼んでいるので紹介します。

集合体恐怖症

カメラが密集していて集合体恐怖症の人にはきついデザインですね・・・。

集合体恐怖症って何?

興味深い話は次ページへ

集合体恐怖症とは

ぶつぶつと無数に穴が開いたものに対し、多くの人は不快感を抱き、ゾワゾワする。

そこでとどまらず、吐き気、めまいを引き起こし、パニック症状を起こす人もいる。穴の開いたものに対する恐怖症は「トライポフォビア」と呼ばれ、恐怖症の一種と言われている。

この恐怖症は、人類が進化の過程で直面したことのある有毒な動物の視覚的特徴に起因しており、自己防衛本能でその記憶が呼び覚まされ、時にパニックになるような強い恐怖を感じてしまうということ

http://karapaia.com/archives/52139322.html参照

ぶつぶつや穴の開いたものに本能で恐怖を感じたりパニックになる症状だそうです。

知らなかった人が多いのでは?

まさかiphoneがきっかけでこんな症状を知ることになるとは・・・。

次作ではこれ以上カメラレンズの搭載を増やさないで欲しいところですね!w