美容

髪質を改善する頭皮マッサージのやり方

髪質の変化に悩んでいる方へ、費用がかからず誰でも簡単にできる対策があるので紹介します。

・最近なんだか髪に元気がなくなってきた。
・髪が柔らかくなってきて昔と髪質が変わってきた。

そんな悩みを改善できるお勧めの対策は”頭皮マッサージを行うこと”です。

・頭皮マッサージがなぜ髪にいいのか
・頭皮マッサージの方法(やり方・時間・頻度など)
・頭皮マッサージによって得られた効果(実体験)

これらを細かく解説していきます。

頭皮の血行不良で髪質が悪くなる

人間の頭皮の血管はそもそもとても細く、血流が悪くなりやすいらしいです。
栄養が足りていても血行が悪いとその栄養が髪に届きづらくなります。

髪に栄養が届きづらくなると毛髪の成長がゆっくりになったり、止まったりする。
発毛しても毛髪が細くなってツヤや弾力を失い、成長途中の短い段階で抜け落ちてしまうなどのトラブルが起こりやすくなる。
また、髪の色を決めるメラニン色素が生成されにくくなるため、白髪が増えることもある
「髪のせんせいwomen」参照

とても恐ろしいです。
髪質どころか恐らくハゲにも繋がる可能性があると思います。

頭皮が血行不良になる原因

血行不良になる原因を挙げます。

・運動不足による代謝の低下や凝り
・脂質の取りすぎ
・睡眠不足
・喫煙(ニコチンによる血管収縮)
・眼精疲労
・ストレスによる血管収縮。
・寒さからくる冷え。

ざっと考えただけでもこれくらいあります。
なかなか血行不良を防ぐのは難しいかと思います。

頭皮マッサージで血行改善

血行不良の原因を排除してくのもいいのですが、全て取り除くのは難しいと思います。
そこで頭皮マッサージの出番です。

頭皮をマッサージして適切に指圧をかけてやることで、血の巡りがよくなり栄養が髪に届くようになります。

栄養が届くようになればまた正常に髪は成長し、髪質も改善されていくと思います。

頭皮マッサージのやり方

僕が普段行っている頭皮マッサージのやり方を紹介します。

①指圧を行う。
前頭部(生え際含む)・頭頂部・側頭部・後頭部といった様にパートに分けて細かく指圧する。


「はげに真剣に悩む人へ」より引用

オデコやコメカミ、首や耳の裏のまでしっかり行ってやるといいです。
万遍なく、1回1秒かけて痛くならない様、気持ちよく指圧する。

 

②頭皮を動かす。
生え際や頭皮全体を指でガッチリ掴み動かして柔らかくします。
これができない人は相当頭皮が固いため、要注意です。

頭皮を動かすときは指で絶対擦らないようにする。
指の位置は必ず固定したまま頭皮だけを動かすイメージです。

 

生え際は上下するように動かす


「はげに真剣に悩む人へ」より引用

その他、頭頂・側頭・後頭は円を描くようにゆっくり回す。


「はげに真剣に悩む人へ」より引用

これらを5分程度で終わらせるようにしてください。
やり過ぎは逆に頭皮のトラブルに繋がる恐れがあります。

頭皮マッサージを行うタイミング

朝➡起床後、手を綺麗にしてから
夜➡お風呂のシャンプー中

1日この計2回行うだけで十分効果を得られます。

まとめ

ここにタイトルを入力

髪質の悪化は頭皮の血行不良を改善することで改善される可能性がある。
頭皮の血行不良は、頭皮マッサージを行うことで良くなる。

頭皮マッサージ方法
①頭皮全体を前頭・頭頂・後頭といったパートに分けて小まめに1回1秒程度かけて指圧を行う。
②頭皮全体を前頭・頭頂・後頭といったパートに分けて指で動かす。
前頭(生え際)は上下に動かす、その他は回すように動かす。
③朝と夜で計2回行う。

最後に

僕はこの方法で髪のコシが強くなったと実感しています。
ドライヤー後の髪質や、ヘアセット時に違和感を感じ始めた方は頭皮マッサージを絶対しましょう。

若くてもある年齢を境に髪質に変化を感じることもあるので年齢に油断せず、予防もかねて頭皮マッサージすることをお勧めします。

みなさんの髪の悩みが無くなりますように!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です