筋トレ

筋トレしてるのに朝ごはん食べないの?カタボリックを朝で止めよう


筋トレしてるのに朝ごはん食べてないって本当ですか!?

ということで、唐突ですが筋トレしてるのに朝ごはんを抜いてしまうといった方へ朝食の重要性を説明したいと思います。

朝ごはんと筋肉の成長にはとても大きな関係があります。
これを知らず朝ごはんを軽視して筋トレを頑張ってる人はとても効率の悪いことをしていると言えます。

・朝食を抜くと筋肉にどういったデメリットがあるのか。
・逆に朝食をとるとどういったメリットがあるのか。
・朝食をとる時間がない人におすすめしたいこと。

についてわかりやすく説明していきます!

朝食をとらないデメリット

寝ている間に体の栄養はすべて使われ、栄養が枯渇した状態になっています。
栄養が枯渇すると、カタボリックが起こり筋肉を分解しはじめます。

カタボリックとは
血中アミノ酸濃度(栄養)が不足し始めると必要なエネルギーを作るため、筋肉を分解してエネルギーに変えてしまう。
この状態が続くと筋肉量が減ってしまいます。
「カラダづくり予備校 アナボリックとカタボリック」参照

つまり朝食をとらず活動し続けるとカタボリックが起こり続けたまま昼まで過ごすことになります。

昼ごはんが食べてその栄養が筋肉に届くまで、筋肉が分解され続けます。
考えただけでも恐ろしいです・・・。

朝食をとるメリット

今度は逆に、朝食をとるとどういったメリットがあるか紹介します。
まず、前述した通り朝食をとることでカタボリックを最小限に抑えることができます。
更に朝食をとり栄養を筋肉に送ってあげることで、アナボリックになります。

アナボリックとは同化作用のこと。
同化作用とは簡単に説明すると、食べた栄養素(たんぱく質など)が吸収されて筋肉になったりすること。
「SHIN-SHIN健康大辞典 アナボリックとカタボリック」参照

片やカタボリックで筋肉を分解し続けているのと片やアナボリックで筋肉を成長させる。
これは非常に大きな差ですよね?

朝食を食べた方が効率良く筋肉がつくというのはこれで分かったはずです!

朝食の内容について

こちらの記事で筋肉に良い食事を知っていただくと良いと思います。

ダイエットや減量中でなければ、そこまで神経質にならなくていいです。
たんぱく質を多く含む食品を食べていきましょう。

朝、時間がない人・食欲がない人は

朝って得に時間がありませんし、食欲もあまりありませんよね。

そこでお手軽にプロテインをとりあえず飲んでおくことをお勧めします。
短時間でたんぱく質をたっぷりとれていいです。

僕も朝が苦手なのでプロテインで代用しています。

プロテインと一緒に糖質も一緒にとるようにしてください。
時間が無くても、おにぎり・バナナ等の果物・ゼリーなどなど、時間をかけずにとれる炭水化物はたくさんあります。

糖質も積極的に摂らないと筋肉は成長しません。

まとめ

①朝食をとらないと昼食をとるまでカタボリックにより筋肉が分解される。

②逆に朝食をとるとアナボリックにより筋肉を成長させることができる。
➡朝食を取らないとでは大きな差になる。

③朝時間が無い人はプロテインがお勧め。
➡同時におにぎりやバナナなど時間がかからず取れる炭水化物もあるので糖質もしっかりとること。

時間が無い人でもプロテインや簡単な炭水化物で栄養をしっかりとれるので朝食を抜かないようにしましょう。

筋トレの努力を栄養で効率良く反映させましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です