ダイエット

痩せられない人必見!誰でもわかるダイエットの理屈や食事内容を紹介

ダイエットが上手くいかず悩んでいる方いませんか?
食事量を減らしてるのに何故か体重が減らなかったらショックですし、モチベーションも上がらないですよね。
逆にダイエット期間中に体重が増えてしまうといったことも聞いたことがあります。
原因が分からずダイエットを諦めかけていませんか?

諦めるにはまだ早いです!!

今から僕がみなさんが絶対に痩せられるよう、びたまる流ダイエット方法を紹介します。
体重が増える仕組み、体重が減る仕組みを理屈から学んでいくことで誰だって必ず痩せられます。
もう恐れて食事をしなくていいです。
正しい知識を身に付け、ダイエットを成功させましょう!

びたまるの体づくり歴

僕は体作りが好きで秋から冬に増量し春から夏に減量といったサイクルを3年以上続けています。

すいません、照明の関係で肌色が違って見えますが…笑
特に肩周りと胸の脂肪が落ちていると思います。
左と右では5Kg以上体重差があります!
こんな感じで毎年体重を5~8Kg程度コントロールしています。

痩せる仕組み

まずこれを理解してない人が多すぎるように思います。

摂取カロリー 消費カロリー = 太る
摂取カロリー 消費カロリー = 痩せる

太る・痩せるは全て消費カロリーに対しての摂取カロリーに左右されます。
このことを理解すればどう行動すれば良いか、なんとなく想像つきますよね!(^^)

自分の基礎代謝を知ろう

痩せる仕組みを踏まえた上で、自分が1日でおおよそ何Kcal消費しているか知る必要がありますよね。
考えても分からないことなので、基礎代謝を知るために以下のリンクから計算してみましょう。

リンク「「基礎代謝量の基準を自動計算してみよう!」

自分の基礎代謝がわかったら次のステップです!

食品・食事に含まれるカロリーを知ろう

自分の1日の消費カロリーがわかったら次は摂取カロリーを把握しなくてはいけません。
以下のリンクから食事や食品のカロリーを把握し計算しましょう。

リンク「TANITAカロリズム」

また、食品の多くには成分表が明記されているので見るように心がけましょう。
慣れてくるとなんとなくカロリー予想ができるようになってきます。

1Kg痩せるために必要な消費カロリー

ちなみになんですが、1Kg痩せるためには消費カロリーが-7000~8000Kcal程度必要です。
つまり1日のカロリー収支が-500Kcalだとしたら、1Kg痩せるためには
7000Kcal/500Kcal=14日
早くても14日かかるといった計算になります。

できるだけ脂肪を落とし筋肉を残す食事内容にする

これもすごく大事で

筋肉を残しできるだけ脂肪を落として痩せる
筋肉も脂肪も両方落とす

筋肉を落とすダイエットは体重が減った割には見た目の変化は小さいです。
筋肉をできるだけ残すことで体が引き締まって見えます。
そして基礎代謝も落ちづらく、ダイエットが停滞しない・リバウンドしづらいなどの素晴らしいメリットがあります。

高たんぱく質・中糖質・低脂質な食事

僕は糖質を普通にとり、飽和脂肪酸(悪い脂質)を減らすダイエットをお勧めします。

<ある一日の例>
朝:プロテイン30g
昼:焼き魚定食(ごはん1膳)
夜:鶏の胸肉炒め オムレツ サラダ ごはん1膳

この例は参考までで、基礎代謝は人によって違うので考えながら食事をしましょう。
調理にはサラダ油ではなくオリーブオイルを少量使うといいですよ!
可能であればジムでのトレーニングか家での筋トレを行うとかなり違います。
ちなみに僕は朝が苦手なのでプロテインだけで済ませて昼夜は普通に食べてます。
逆に夜に糖質を絶つ・減らす方が痩せるので、可能な方は朝食べて夜は糖質抜くといいと思います。

まとめ

①痩せるためには摂取カロリー<消費カロリーにする必要がある。
②筋肉を失うダイエットは見た目の変化が小さく基礎代謝低下によりリバウンドしやすい。
③筋肉を減らさないようにするためには高たんぱく質・中糖質・低脂質の食事がお勧め。
③無理をせずストレスを溜めないよう、たまには好きな物を食べる。(あくまで計画的に)

 

最後に

ストレスためないよう、ダイエットの経過を見ながらたまには好きな物も食べていいと思います。
また長期間の過度なダイエットは老化促進や寿命を縮めることになるのでやめましょう。
ダイエットは絶対に無理をしないようにしたいですね!
正しいダイエットが世の中に定着することを願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です