歯のホワイトニング後の白さを維持【歯の白さを長持ちさせる方法】

せっかく歯をホワイトニングしたのにすぐ着色しちゃうなんてことありますよね。
白くなった歯が短期間で黄ばんできたらショックですよね。

特に歯医者でホワイトニングしてる方は費用もそれなりにかかっているので、できるだけ白さを長持ちさせたいですよね。

今記事は、

悩み

・ホワイトニングで白くした歯が短期間で着色しないようにしたい。

といった悩みを持つ方にお勧めします。

どうすれば歯に着色しないように過ごせるか、ホワイトニングした白い歯を長持ちさせられるか。

僕が日頃から行っている対策について説明します。

白くなった歯を維持する

これは日頃の日常生活でいかに歯への意識を置くか。
以下の対策をサボらず行動できるかが鍵になります。

飲食後30分以内に歯磨きをする

食後すぐに歯を磨くと歯が溶けるとかいう情報をよく見ますが実際関係ないみたいです。

食後に口の中が酸性になったとしても、唾液には酸を中和する働きがある
つまり、日本の一般的な食事では食後すぐの歯磨きにより歯が溶けることはありえない。
反対に食後に歯磨きをしないままでいると、すぐに歯垢中の細菌によって糖分が分解され、産生された酸によって歯が溶けはじめる。
食後は早めに歯磨きをして、歯垢とその中の細菌を取り除くことが重要。
※「Dr.NAOの気まぐれ日記」参照

この件は賛否両論ありますが僕は30以内派です。

また、ステインを多く含むコーヒーやお茶を飲んだ後も必ず歯を磨きましょう。
外食時などどうしても歯磨きができない場面はあると思うのですが、店を出る前に必ず口の中をゆすぐようにしましょう

長時間食べ続けない

食後にだらだらとテレビを見ながらお菓子を食べ続けたりすると、着色の原因になります。
気持ちは分かりますが、逆にきっぱり歯磨きをしてしまえば無駄な間食もしづらくなり一石二鳥ですよ!

お勧めの歯磨き粉

研磨剤が含まれている歯磨き粉は、磨いた直後は白くなり歯が綺麗になるのですが、歯のエナメル層を削ってしまい着色しやすくなります。

なので研磨剤不使用の歯磨き粉をお勧めします。

★お勧めの歯磨き粉「トゥービーホワイト」

トゥービー・ホワイト 薬用デンタルペースト(100g)【トゥービー・ホワイト】

価格:972円
(2019/3/12 10:33時点)
感想(4件)

こちらの歯磨き粉は研磨剤が含まれておらず、ホワイトニング効果もあります。
僕はずっとこれを使ってますが、磨いた後の白さやすっきり感が好きでお勧めします。

歯ブラシについて

歯ブラシには、ブラシのサイズ・硬さで種類があります。

ブラシのサイズ

ヘッドの小さいものを使用しましょう。

小さいものの方が細かく磨くことができ、汚れが隅々まで取れます。
逆に大きいと、ヘッドが邪魔してブラシが届きにくい箇所が出てくると思います。

ブラシの硬さ

柔らかめのブラシを使用しましょう。

つい力を入れすぎてしまって歯のエナメル層が傷ついたり剥がれると着色しやすくなるため、柔らかめをお勧めします。

メーカーによっては超やわらかめがありますが、逆にブラシが負けてしまうためうまく磨けなかったです

なので柔らかめをお勧めします。

歯の磨き方

最後に磨き方について。

①縦方向に1本ずつ5ミリずつ動かしながら磨く。

②横方向に1本ずつ5ミリずつ動かしながら磨く。

前歯→奥歯→奥歯の側面(舌側)といった流れで磨きます
歯磨きには時間をしっかりかけましょう。

ちなみに僕は1回あたり10分程度かけて丁寧に磨いてます。

まとめ

ホワイトニング後の歯の白さを持続させるには

要点まとめ

①飲食後30分以内に歯磨きをする。

②長時間だらだら食べ続けない。

③研磨剤不使用・ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う。(「TO BE WHITE」が個人的にお勧めです)

④歯ブラシはヘッドが小さく柔らかめのブラシを使用する。

⑤歯磨きは歯を1本単位で縦・横に分けて細かく磨く。
➡歯磨きの時間を惜しまないこと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です