美容

ニキビは水分を適切にとることで改善される!その方法を紹介

普段から睡眠や栄養やコスメに気を付けているのにニキビができた。
なぜ??
何を改善すればニキビができなくなるの?
ニキビの発生原因って色々ありすぎてわかりづらいですよね。
そんな方へ1つの策を紹介したいと思います(^.^)/~~~

水を多く飲むことがニキビの予防や改善に効果的だと知っていましたか?
生活習慣を正しても発生するニキビは水分摂取量を増やすと予防や改善に効果的です。
僕が実践して実際に効果があったので、同じく改善される方もいるのではと思っています。

それでは、ニキビ対策として効果を感じた水の飲み方を紹介していきます。

水分不足になるとニキビができやすくなる

私達の身体の多く、80%は水分から成り立っています。
水分は私たちの体の細胞の隅々まで染み込んでいますが、大量の汗をかいたり、水分補給を怠っていると体内の水分量が減少して、血液がドロドロとなってしまいます。
こうなると皮膚細胞に血液が酸素や栄養素を届けられなくなってしまい、肌のバリア機能が衰えて刺激に弱くなり、ニキビができやすくなってしまうのです。
「Live Active Store」参照

生活習慣を正しても発生するニキビに水が有効

生活習慣とは

食習慣⇒バランスのいい食事をとる。脂質や塩分を控え野菜をたくさん食べる。
運動習慣⇒毎日10分以上無理しない程度に、ジョギングやランニングを行う。
休養⇒夜ふかしを控え、規則正しい睡眠をとる。
喫煙⇒禁煙をする。
飲酒⇒飲みすぎに注意し、週1回休刊日を設ける。
ストレス⇒自分に合ったリラックス方法を見つけて、早めに解消する。

「全国健康保険協会」参照

これらができているならば水の飲む量に気を付けることで改善する可能性があります。
また、肌に+αでが出ます。

”水分”ではなく”水”を多く飲むこと

あくまでも肌のための水分補給とするなら、果物やジュース、コーヒーなどは程々にし””がいいと思います。
果物やコーヒーも適量であれば肌にいいのかもしれませんが、
水を多く飲んで体液の循環を活発にして体の中から綺麗にしていくことを意識していきましょう。

1日に2L水分をとることを目標にする

1日にトータル2L程度水分をとることを心がけましょう。
1回の飲む量は250mLで十分です。(コップ1杯程度)
3時間置き程度飲む+食事の水分で達成できると思われます。
最初は忘れがちになるのでスマホでタイマーを組むといいかもしれません。

水の温度

常温か白湯がいいです。
冷たい水だと、胃腸や内臓に負担がかかってしまいます。
良いことをしているはずなのに逆効果に…なんてことになりかねません。
胃腸や内臓の不調から肌荒れに繋がる恐れもあります。

水の過不足を尿の色で判断

水を飲む量が足りているのかという判断を尿の色で行うことができます
濃い色だと水が足りておらず、薄い色だと十分水が飲めている証拠です。
1つの判断基準として水を飲んでいきましょう。

水の飲みすぎは体に害

1度に多量に水分をとったり高頻度で飲みすぎると、
水分を取る量が失う量を上回り、血液中のナトリウム濃度が低下して血液が薄まる状態=「低ナトリウム血症」になってしまいます。
「halmek」参照

最後に

僕は生活習慣に気を使っているのになぜかニキビができることが多く悩んでいました。
しかし水をこまめに飲むようになってからあまりニキビができず、悩まなくなりました。
同じような方がいたら是非参考にしていただき、ニキビの改善に繋がると幸いです。

まとめ

①生活習慣を正してもニキビができる人は水分摂取量に問題がある可能性がある。
②水分より水を多く飲むようにする。
③内臓や胃腸の負担を考え水は常温もしくは白湯で飲む。
④尿の色で水分の過不足を判断する。
⑤水の飲みすぎは体に害なので飲みすぎないように気を付ける。

POSTED COMMENT

  1. […] ニキビ対策と肌艶を良くする 水分摂取量を増やすだけで驚きの効果 […]

  2. […] ニキビ対策と肌艶を良くする 水分摂取量を増やすだけで驚きの効果 […]

  3. […] ニキビ対策と肌艶を良くする 水分摂取量を増やすだけで驚きの効果 […]

  4. […] ニキビは水分を適切にとることで改善される!その方法を紹介 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です