美容

ニキビができたら皮膚科へ行こう!早く治せる正しい対策


みなさんはニキビを早く治したいと思ったとき、どういった治療をされてるでしょうか?

大事な予定を控えている時にニキビできるとかなり萎えますよね(笑)
・結婚式などの大勢から注目を浴びる行事
・好きな人と話すとき

などなど、女性だと特に肌を気にする予定ってありますよね?

そんなときに

①より早くニキビを治せるテクニックを持っておきたい。
②今すぐにでもニキビが早く治る対策をしたい。

という思いがある方必見です!

ニキビはそもそも治りが遅く、早く治したいと思う方は多いと思います。
そしてニキビを素早く治すことは思いの他メリットが存在します。

そこで今記事では

ここにボックスタイトルを入力

ニキビを早く治す方法とそのメリット

について紹介していきます。

ニキビを早く治すメリット

予定までにニキビを治せる

まずは冒頭でも話した、大事な予定(例えば結婚式・撮影・好きな人とデート)までに治すことができ、ストレスなく楽しめますよね。
ニキビがなくなるだけでも自分への自信なども変わってくると思います。

早く治る=正しい治療

そして早く治るということは、原因の根本に効果のある治療ができていると言えます。
つまり原因から取り除く正しい治療だと言えます。
そして正しい治療ができると次の様なメリットがあります。

ニキビ跡が残りづらい

これはかなり大きなメリットですよね。
原因を中々突けずこじらせてしまったり、完治までの時間が長いとニキビ跡になりやすく長期間残ってしまいます。

ニキビ跡があると老けて見えたり清潔感を損なうため残らないよう正しい治療をしたいですよね。

ニキビの前兆に気付こう

ニキビはできる前に少なからず前兆はあります。

・ある箇所が腫れていないけど少しかゆくなる。
・赤みがかる
・少しだけ痛みを感じる

など僕の実例だけで3つもあります。
他にも、もしかしたらあるかもしれません。

すぐ皮膚科へ行く

前兆を感じたらすぐ皮膚科へ行きましょう。
医師に症状に見合った薬を処方してもらうことで、効果的な治療ができます。

また、処方薬は有効成分の含有量が多く効果の高い薬であるためよく効き、治りが早いです。

すぐ皮膚科へ行けない場合は市販薬で応急処置をしましょう。
強いて言うならオロナインがおすすめです。

しかし市販薬だけだと有効成分の含有量が低く、抗菌・抗炎症作用が低い物がほとんどです。
それでは完治まで時間がかかってしまいます。

費用面で見ても、市販薬より処方薬の方が安い場合が多いので診察料込みで考えた時そこまでの差はありません。

生活習慣を改善する

皮膚科で処方された薬の使用と同時進行で、自分の直近の生活習慣を振り返り対策を打ちましょう。

ニキビの原因は高確率で生活習慣が要因だと思います。
ニキビができるできないにおいて、生活習慣は以下の2点が僕は最も重要だと思っています。

当てはまる物があれば改善していきましょう。

食生活

Q.脂質を摂りすぎていませんか?
脂質過多になると皮脂が出やすくなり毛穴がつまりニキビができやすくなります。

Q.基本的に食べすぎていませんか?
胃腸や肝臓に負担がかかり、内臓の不調によりニキビが頻発することがあります。

Q.就寝2時間以内に食事をとっていませんか?
消化不良により肌荒れすることがあります。

睡眠

Q.6時間以上睡眠を取っていますか?
睡眠時間が短いと、バリア機能が低下しニキビができやすくなります。

Q.睡眠の質に問題はないですか?
就寝前のブルーライトや食事などで睡眠の質が変わります。

僕の治療期間の実例

上記のことを実践している僕は、
小さいニキビ・吹き出物なら早くて1日~遅くても3日で治ります。
大きいもので1週間程度です。

前兆に気付いていち早く対策を打つというのが物凄く大切です。

まとめ

ここにボックスタイトルを入力

①ニキビを早く治す=原因を突いた正しい治療。

②正しい治療ができるとニキビ跡が残りづらい

③ニキビができる前兆を感じられるようにし、早期対策を打つ。
(例)ある箇所が少しかゆくなる・赤くなる・痛くなるなど

④すぐ皮膚科へ行って薬を処方してもらう。
・処方薬は市販薬と比べて有効成分の含有量が多いため効果が高い。
・医師が症状に見合った薬を処方してくれるため治りが早い。

⑤生活習慣を見直す。
食事・睡眠について自己分析して悪い点があれば改善しましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です