美容

お風呂で美肌!美容効果がシャワーよりお風呂の方が高いワケ

お風呂じゃなくてシャワーでいいんじゃない?
シャワーでも体の汚れは取れるし、多少は温まるしお風呂に浸かる理由がわからない。

お風呂と美容って本当に関係あるの?
なんて思ってる方。

お風呂の方がいいです!

確かにお風呂を沸かして湯船に浸かり掃除までしてたら結構時間食っちゃうので気持ちはわかります。
しかしそこにかける時間に見合ったリターンはあると思っています。

僕も年中シャワー派でしたが今では年中お風呂派になっちゃいました。
メリット以上に冬場は特に中毒性がある気がします。

今記事ではお風呂に入ることで得られる美容面でのメリットを紹介します!

シャワーとお風呂の美容効果のみを比較

美容面のみでシャワーとお風呂のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

シャワーのメリット

残念ながらありません・・・。
シャワーは最低限汚れを落とす以外の役割はないと思われます。

お風呂のメリット

①代謝が良くなる
体が温まることで血液の巡りも良くなり、代謝が良くなります。

②発汗作用&汚れが落ちる
体が温まることで汗をかくので、全身の毛穴が開きます。
それにより老廃物が排出され、汚れが落ちることで毛穴が綺麗になります。

③リラックス効果
水の中では、浮力が働きます。
その浮力により筋肉を始めとする私たちの体は、かなりのリラックス状態になり疲労回復にも繋がります。
MERY最近湯船、浸かってますか?お風呂のメリット&お供してほしいバスアイテムのお話」 より参照

①の代謝が上がることで肌代謝も上がりターンオーバーが促進されます。
肌の乾燥・シワ・シミ・たるみ・くすみなどを改善したり予防することが期待できます。

②の発汗作用により毛穴が綺麗になり、肌の黒ずみが綺麗になると思います。
黒ずみがニキビに繋がることがあるのでニキビ予防にもいいですね。
また発汗することでデトックスされ、体内の毒素を出してくれます。
毎日毒素が出されることで肌がどんどん綺麗になっていきます。

③のリラックス効果により疲労回復と、良質な睡眠をとりやすくなります。
リラックス状態になると副交感神経が優位に働くため睡眠の質が上がります。
睡眠の質が上がることで、肌や髪の修復が正常に行われます。

シャワーのデメリット

シャワーだけだと体の皮脂や汚れが完璧に落ちにくいです。
体臭に繋がったり、肌がくすんだりニキビに繋がる可能性があります。
デメリットが多いわけではないのですが、メリットがあまりないといったところですね。

お風呂のデメリット

①お湯の温度を高くすると、睡眠の質が下がり肌や髪に悪影響を与える。

②長風呂すると、皮脂をとりすぎ肌が乾燥しやすくなる。

しかしこれらはお風呂の温度や浸かる時間に気をつければなんの問題もありません。

デメリットを受けないお風呂の浸かり方

①お風呂の温度は3941
お湯の温度が41℃を超えると交感神経が優位に働き寝つきが悪くなる可能性があります。

②入浴時間は30分以内
41℃以下でも30分以上浸かる乾燥肌に繋がったり肌にいい影響をあまり与えないので注意が必要です。

お風呂のメリットを最大限生かす方法

①入浴前後に水を飲む
200~300ml程度(コップ1杯分)の水を飲みましょう。
入浴前に水を飲むことで血流がよくなり、代謝を上げやすくします。

②入浴中にマッサージ
入浴中のマッサージはデトックス効果が高いらしいです。
また、むくみ改善も期待できます。

僕はいつも足の裏から太ももの付け根までやります。
足が軽くなり疲労も残りづらくなりいいですよ。

まとめ

シャワーよりお風呂の方が美容効果が高い理由をまとめました。

①シャワーは最低限の汚れを落とすです程度の役割しかない。

②お風呂のメリット

・代謝が良くなり肌質がよくなる。
・発汗作用により毛穴が綺麗になり、肌の黒ずみが綺麗になりニキビもできにくくなる。
デトックスにより毒素も出され肌が綺麗になる。
・リラックス効果に良質な睡眠をとりやすくなり、肌や髪の修復が正常に行われる。

③入浴の注意点
42℃以上のお湯に浸からない=交感神経が優位に働き睡眠の質が下がる。
30分以上入浴しない=皮脂が取れすぎて乾燥肌になる。

④お風呂の効果を上げる方法
・入浴前に水をコップ1杯分飲む
入浴前は血流を良くし入浴時の代謝を上げやすくする。
・入浴中にマッサージ
デトックス効果を高めると共にむくみ改善・疲労軽減に繋がる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です