筋トレ

【加圧シャツ】筋トレや運動をしよう【着るだけでは効果がない理由】

加圧シャツが最近話題になっててよく見かけます。
着るだけで筋肉が付くとか、ダイエット効果があるとかを謳われていますね。

しかし個人的には、着るだけで筋肉が劇的についたりダイエット効果があるとは思えません。

加圧シャツを着てトレーニングなり運動することで初めて加圧の効果を得られます。

僕も一時期加圧シャツを着てトレーニングをしていました。

使用したり調べたりして気付いた点がいくつかあるので書きたいと思います。

今回は、

びたまる
びたまる
・加圧シャツを着ているけど効果を感じない

・加圧シャツを試してみたい

といった方におすすめの記事となっています。

今記事の内容は

・加圧シャツの効果・メリット

・加圧シャツのお勧めの使い方

について説明します。

加圧シャツの効果

加圧シャツは筋肉に適切な圧がかかるように設計されている。
「スパンデックス繊維」によって、筋肉の位置などを配慮して、それぞれの筋肉を刺激する。

日常的な動きの中でも筋肉に圧をかけて刺激することができれば、運動している時と同じような状態を作ることができる。
「クリビー 【実際どう?】加圧シャツの効果で筋トレ効果やダイエット効果はアップできる?」参照

加圧シャツは着るだけでも、筋肉に小さな負荷をかけて基礎代謝を上げることはできます。

しかしこれだけで筋肉が付く、痩せられるといったわけではありませんので要注意です。

着て過ごすだけでは効果が薄い

加圧シャツは確かに締め付け効果があり代謝を少し上げる程度の効果はあります。

しかし、着て日常生活を過ごすだけでは筋肉は付かないです。

理由は加圧シャツの圧だけでは筋肉への負荷が小さすぎて、筋繊維に傷が付かないからです。

おもたい重りで筋繊維にやっと傷がつくのに、加圧シャツ程度の圧だけでつくわけありませんよね。

ダイエット効果も代謝が上がることで少しは期待できますが、効果は小さいと思います。

ではどうすればいいか、次に紹介します。

加圧シャツを着て筋トレ

加圧シャツを着て筋トレをすることで初めて付加効果を得られます。

加圧により姿勢が良くなる

加圧シャツの圧により背筋が伸び、姿勢が良くなります。

姿勢が良くなると正しいフォームでトレーニングを行えやすくなります。

フォームが正しくなると負荷も入りやすくなり、筋肉の成長に繋がります。

代謝が普段より上がる

加圧シャツの締め付けにより、代謝や体温が上昇します。

夏なんか特にわかりやすいですが、体が暑くなり普段より汗が出ます。
減量期の筋トレに最適だと思います。

加圧シャツを着てダイエット

筋肉をつけることが目的ではなく、加圧シャツを着て運動してただ痩せたいという人にもお勧めです。

加圧シャツを着て運動

普通のウェアを着るよりは、加圧シャツの代謝アップ効果を得てダイエット目的の運動をしたほうが消費カロリーが大きくなり痩せやすいです。

例えばランニングでいうと加圧による代謝アップに加え、正しいフォームで走ることで全身の筋肉が使われ更に代謝が上がるといった相乗効果もあります。

他のスポーツも例外ではありません。

加圧シャツを着て運動することで普段より爆発的に代謝が上がるわけです。

加圧シャツの注意点

加圧シャツを着て筋トレや運動する際の注意点です。

①水分補給をいつもより多めに。
加圧シャツを着て筋トレや運動をすると代謝がよくなることで汗がいつもより多く出ます。

夏場など特にいつもより多めの水分を補給するようにしましょう。

②無理をしない
加圧シャツを着て運動をすると、いつもより負荷を感じ疲れたり、苦しく感じたりします。

そんなときは無理をせず加圧シャツを脱いだり、トレーニングや運動を切り上げたりしましょう。

発汗も多くなるのでそれが原因でフラフラしたり、疲れたりすることもあるかもしれません。

自分の体調の異変に注意を払いながら使用していきましょう。

③脱ぎづらい
加圧シャツは体にピッタリ以上にまとわりついているので、汗をかくと特に脱ぎづらいです。

無理矢理脱ぐと伸びたり劣化したり破れたりする可能性があるので、汗が乾くまで無理に脱がないようにしましょう。

一度無理に脱いで脇のところが破けたことがあります(笑)

最後に

加圧シャツをせっかく買ったのなら日常生活だけで着るのは効果が得づらくもったいないです。
目的によって上手く活用していきたいですね。

また、体に加圧することによる体調へのデメリットも考慮し、決して無理せず使用していきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です