サプリメント

【マルチビタミン】筋肉・免疫・疲労への働きについて【効果解説】

体づくりにおいてマルチビタミン&ミネラル(以下マルチビタミン)は欠かせないサプリの1つです。

筋肉を付けるに当り、炭水化物やたんぱく質が大事というのは筋トレをしていない人でも知ってるくらい浸透してきてるかと思います。

しかし、ビタミンの重要性はあまり浸透していないように感じます。

僕はビタミンとたんぱく質は同じくらい大切だと思います。

今記事の内容は

・マルチビタミンの筋肉への効果

・マルチビタミンのその他効果

について説明します。

今までマルチビタミンをスルーしてた方や、必要性を理解していない方に是非読んで欲しい内容となっています。

マルチビタミンとは

様々なビタミンが含まれたサプリメントのことです。

ビタミンは水溶性ビタミン(ビタミンB・C)脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)があります。

ビタミンは役割によってアルファベット分けされており、それぞれ効果が違います。

また、ほとんどのマルチビタミンサプリにはミネラルも同時に含まれています。

ビタミンそれぞれの効果

水溶性ビタミン

水溶性はビタミンは水に溶けやすく体に蓄積しづらい性質を持っています。

余分に摂取した分は尿として排出されるため、過剰摂取の心配がありません。

しかし運動量や栄養摂取量が多い人は、水溶性ビタミンの消耗が激しく不足しがちになるため小まめに補う必要があります。

・ビタミンB群
炭水化物をエネルギーに変換する際の補酵素。
激しい運動や、過度な増量・減量によって不足しがち。

・ビタミンC
たんぱく質であるコラーゲンの合成や、ミネラルの吸収を助ける役割を持つ。
「-Muscle Holdings-」参照

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは脂質に溶けやすい性質をもっており、体に蓄積されやすいため過剰摂取に気を付ける必要があります。

・ビタミンA
網膜の保護や、皮膚・粘膜の正常保持、免疫維持に必要なビタミン。

・ビタミンD
血中のカルシウム濃度を高める。ミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に関わっている。

テストステロンの分泌にも関わり、筋肥大には必須のビタミン。

・ビタミンE
免疫の維持や、ビタミンC同様に体内の活性酸素を除去。

・ビタミンK
ビタミンK依存性タンパク質を活性化させることにより血液の凝固や組織の石灰化に関与。

「-Muscle Holdings-」参照

ミネラル

主に体の水分バランスの調整、筋収縮や神経伝達の役割を果たしています。

 

ビタミンの効果まとめ

水溶性ビタミン(B・C)の様に栄養素に働きかけるものから、脂溶性ビタミン(A・D・E・K)の様に脂質に溶けて体の組織の代謝や免疫に働きかけるものもあります。

つまり、

・ビタミンは摂取した糖質・たんぱく質・脂質といった三大栄養素を体内で潤滑させる。

・体の組織と免疫機能を向上させる。

以上のような役割を持っていると言えます。

せっかく栄養をたっぷり摂取してもビタミン不足が影響して体内で使わなければ、筋肉が摂った分の栄養に見合った成長をしてくれません。

そして、トレーニングしている人は免疫が落ちやすく風邪をひきやすいので、免疫機能の向上は絶対必要だと思います。

トレーニングによってたまりやすい疲労の軽減にも、役立つと思います。

筋肉をエンジン、糖質・脂質を燃料(ガソリン)としたら、マルチビタミンはエンジンオイルに当たるといった表現が一番分かりやすいですし、しっくりきますよね。

サプリで補おう

ビタミンミネラルは食事だけでは絶対に推奨摂取量を満たすことができません。

とんでもない量の野菜や果物を摂取しなくてはいけないことになります。

そこでサプリメントとして補うことで効率的で確実に摂取することができます。

毎食後にサプリで補うことをお勧めします。

最後に

マルチビタミン&ミネラルをサプリで摂取し、摂った栄養の役割をしっかり果たさせましょう。

また、免疫機能の向上や疲労回復効果も期待できるので体調管理もしっかり行いましょう。

筋肉がつきやすくなりますし、朝起きた時の疲労感も軽減されるので本当にお勧めです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です